■プロフィール

岩佐農園(がんじい)

Author:岩佐農園(がんじい)
愛媛県西予市の宇和盆地に移住し田舎暮らしをはじめました。
ブルーベリーに魅せられ、気が付いたら農地を購入しブルーベリー農家になっていました。
ほかに野菜やイチジクなども栽培しています。
ブルーベリーの品種特性や栽培方法などのいろいろな意見交換をしたいと思いますのでよろしくお願いします。


岩佐ブルーベリー農園のホームページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビオレソリエス
4年くらい前にいちじく「ビオレソリエス」を見つけて購入し定植しました。
2個程度収穫できましたが、ねっとりして甘みがありおいしく食べた経験があります。
しかし、カミキリムシの被害で枯れてしまいました。。

2年近く前、NHKたべもの一直線を見て・・・糖度20度・・・につられて、再度、「ビオレソリエス」を購入しました。
下の画像は、今年植付2年目を迎えるビオレソリエスの様子です。

ポット栽培
008_convert_20120331094734.jpg

地植栽培
009_convert_20120331094806.jpg

いちじく栽培は、はじめてなのでイチジク畑を見学させていただきました。
3年生のビオレソリエスは大きく成長していました。

010_convert_20120331050649.jpg

横のほうには、苗木も定植されていました。

011_convert_20120331050723.jpg

ご担当の方には、栽培方法、品質特性、注意点や栽培経験などを詳細にわたって教えていただきました。

012_convert_20120331051017.jpg

本日はお忙しいにも関わらず丁寧にご対応いただきありがとうございました・・・。

食味は、たべもの一直線以外にこの農園でも経験でも、良さそうです。
家には、育苗中の苗木があります。
数年先のどんぶり館などへの出品を目指し、時間をみて畑に定植したいと思いますします。




スポンサーサイト
いちじく | 05:17:52 | トラックバック(0) | コメント(2)
花がら摘み
ハウスの中では大分幼果ができています。
しかし、花がらも付いています。

058_convert_20120330091448.jpg

花がらをそのままにしておくと、かびが発生しやすくなります。
そのため花がらをひとつひとつ取り除いています。
気の長い仕事ですが大事な作業です。

060_convert_20120330091526.jpg

幼果も少しずつ成長しています。

スター
015_convert_20120330181435.jpg

エメラルド
021_convert_20120330181541.jpg

ミレニア
028_convert_20120330183802.jpg

画像ではわかりにくいと思いますが、スターの成長スピードが早く最も大きくなっています。
今年もスターが一番早く収穫できそうです

一方、露地で開花が一番早いのはサファイアです。
しかし、まだ咲いたばかりの状態です。
ハウスより大分遅いです。

033_convert_20120330181751.jpg


栽培記録 | 09:18:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
植付方法
4年程前に坂畑で地植えによるハイプッシュ栽培を始めました。
この時、生育の良い植付方法を検討したいと思い、2通りの植付方法を試してみました。

[植え穴方式]
下の画像のような大きな穴を掘り、そこにピートモスともみ殻を投入して植付る方法
169_convert_20120329032528.jpg

[畝すきこみ方式]
下の画像のような畝をつくり、畝全面にピートモスともみ殻をまき、すきこんで植付る方法
168_convert_20120329050531_convert_20120329052452.jpg


下の画像は、4年ほど前に植え付けたスターの現在の様子です。

[植え穴方式で植え付けたスター→樹高140㎝、樹幅170㎝]
012_convert_20120329022846.jpg

[畝すきこみ方式で植えうつけたスター→樹高150㎝、樹幅160㎝]
008_convert_20120329022954.jpg


両者とも樹高、樹幅に大差なく順調に生育しています。
画像では花芽のつき方はわかりませんがほぼ同程度です。
最近の地植えは植え穴方式としていますが、ピートモスの代わりにコストがかからない樹皮を多く使用しています。

また、地下の根の広がりにも興味があったので、株もとから約1m離れた所のマルチを取り除ぞいて見ました。
すると
根が地面と樹皮マルチの境界面に広がっていることを確認でき、安心しました。

016_convert_20120329023038.jpg


栽培記録 | 04:35:32 | トラックバック(0) | コメント(4)
霜と野菜たち
昨日、畑の野菜に霜が降りていました。近くの測候所では‐2.2℃を記録していました。

008_convert_20120328062456.jpg

昨年、育苗中のミニかぼちゃやスッキーニなどが霜で凍害を受け枯れました。
今回は家の中に緊急避難させ無事のりこえることが出来ました。

005_convert_20120328062550.jpg

006_convert_20120328062624.jpg

今年は寒い日が続き結球しないまま花が咲いてしまったハクサイです。
食べることを楽しみにしていましたが残念ながら来年にお預けです。

016_convert_20120328062707.jpg



野菜 | 06:35:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
日帰り旅行
家内がスパーママイグループの日帰り旅行無料招待券をゲットしたので、昨日、一緒に境港と足立美術館に行ってきました。

境港大魚市場にしうらの巨大な「鬼太郎石像」

005_convert_20120327051832.jpg

家内がその反対側にある「ねずみおやじ石像」とツーショット・・・。
がんじいはカメラマン役をつとめました。。。

008_convert_20120327052058.jpg

今回の足立美術館の庭園は、昨年行った時の雪景色とは違っていました。
庭には草ひとつなく、庭師さんのご苦労を感じました。

010_convert_20120327052129.jpg

3日前に行った有馬温泉では、

温泉寺の「おねがい地蔵さま」にブルーベリーの収穫をお願いしました。

031_convert_20120327053019.jpg

また、マップに「ねがい坂」と書いていましたので探し回ってやっと見つけだしました。
しかし、どこにでもある普通の坂道でした・・・。

030_convert_20120327053039.jpg


その他 | 05:34:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
幼果
ハウス内は暖かく、大分幼果が出来ています。

エメラルド
016_convert_20120326030305.jpg

スター
019_convert_20120326031023.jpg

ミレニア
022_convert_20120326031339.jpg

3月の初めに受粉用ミツバチの巣箱を設置しました。
その時、エメラルドの花は大分咲いていましたが、スターはチラホラの咲き初めでした。
スターの花は小さくエメラルドやミレニアのように端正でもありません。
しかし、果実の成長スピードは早く、昨年の実績では、最初に収穫できました。
また、食味もがんじいの舌に合っておりお気に入り品種の一つです。、

一方、露地のスターはまだ開花前の段階です。

023_convert_20120326035131.jpg

これから、日々果実の肥大を確認できます。ハウスと露地の生育の違い、ポット栽培と地植栽培の成長の比較、期待品種の食味確認など楽しみの多い時期になります・・・。

栽培記録 | 04:24:52 | トラックバック(0) | コメント(2)
樹皮とマルチ
樹皮を近くの製材所さんにお願いして畑の前にある樹皮置き場まで運搬していただきました。
画像は運搬していただいた専用の4トントラックです。
1回あたりかなりの量の樹皮を運搬できます。

009_convert_20120324094656.jpg

010_convert_20120324094937.jpg

今日は、3回運んでもらい置き場がいっぱいになりました。

012_convert_20120324101520.jpg

013_convert_20120324095021.jpg

地植え畑は樹皮を全面にマルチしていますが、樹皮がだんだん薄くなり、また草も生えてくるようになります。

027_convert_20120324095933.jpg

このため、毎年大量の樹皮を追加マルチしています。
今日から、時間を見つけて・・・ひたすらに、ひたすらに、ただひたすらに・・・マルチ作業が始まります。
目標は、今日運んでいただいた樹皮全量ですが、来年に大分残ると予想しています。

025_convert_20120324095618.jpg










栽培記録 | 10:05:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
用土
田んぼ畑が湿っぽく地植栽培に向いていないので、3年前からポット栽培を始めました。
ポットにはいろんな種類がありましたがNPポット#100(約100ℓ)としました。
   
005_convert_20120320042314.jpg

植付用土をどうするか、いろいろ調べずいぶん悩みましたが、最終的には樹皮+ピートモスともみ殻の混合用土としました。
この際、用土比較も行いました。
下の画像は、3年ほど前に植えたフロリダスターの現在の様子です。

(樹皮のみの用土→樹高160㎝、樹幅160㎝)
006_convert_20120319060930.jpg

(ピートモスと木材チップの混合用土→樹高150㎝、樹幅170㎝)
007_convert_20120319061729.jpg

(ピートモスのみの用土→樹高150㎝、樹幅180㎝)
008_convert_20120319061934.jpg

いずれの用土とも順調に生育しており、生育差は認められません。 
花芽のつき方も同程度と思われます。
最近のがんじいのポット植付けは、樹皮を多く使用しピートモス代を節約しています。

また、このとき遊び感覚でNPポット#60+3層用土(下層:樹皮、中層:もみ殻、上層:ピートモス+もみ殻混合用土)についても検討してみました。
現在の様子ですが、順調に生育しています。

008_convert_20120321034454.jpg

 なお、ネットで用土について調べていたら北海道の道総研中央(作物開発部・作物グループ)のレポート「ブルーベリー幼木期の生育促進技術」が見つかりました。
このレポートの中で用土についても検討されており、「ピートモスのみの用土」が「ピートモスと鹿沼土混合用土」より生育がよいと結論付けられていました。

ポット栽培 | 06:26:39 | トラックバック(0) | コメント(3)
レガシー
はっぱさんのブログにレガシーの記事がありました。
2007年12月に植え今年5年目を迎えるレガシーについて経験したことを紹介します。
このレガシーは、がんじい畑に約30本あるレガシーの中では生育の良いほうです。
スケールで計測しますと樹高170㎝、樹幅180㎝でした。

007_convert_20120317084057.jpg

まだ収穫経験が2回しかありませんが、一番果は大変大きくて甘く感じるのですが、収穫が進んでいくとだんだん普通のブルーベリーの・・・となります。→ がんじいの舌の問題かも知れません・・・。
原因については、剪定不足、肥料の問題(昨年実肥えをやらなかった)、がんじい畑の土地柄に合わない、果実の特性、がんじいの栽培管理の問題などいろいろ考えられます。
今年は、強めの剪定と多めの施肥(1株当たり米ぬか2㎏)をして様子を見ることにしています。
7月前後の収穫が楽しみです。

006_convert_20120317084241.jpg

どなたかレガシーについて情報をお持ちのかたは、コメントをお願いします。



栽培記録 | 08:46:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
ホームベルの植付け
ハイブッシュの接ぎ木栽培をおこなうため、ブリジッタをホームベルに植えかえています。
植え穴を掘り、今回の植付用土は樹皮を主体にピートモス15ℓ程度としました。

012_convert_20120316060006.jpg

020_convert_20120316060054.jpg

植付後は、米ぬかを施肥しました。

015_convert_20120316060413.jpg

後はいつもと同様樹皮を運搬し、マルチしました。

022_convert_20120316060507.jpg

027_convert_20120316060538.jpg


栽培記録 | 06:24:36 | トラックバック(0) | コメント(2)
古葉取りが進んでいます
ハウスの中では手作業で古葉取りを行ってきましたが、もうすぐ終了します。

016_convert_20120315062953.jpg

031_convert_20120315063048.jpg

古葉の中にはもまれに黒いススが付いているものがあります。
取り除いた古葉は畑の隅ですべて焼却処分としています。

019_convert_20120315063132.jpg

エメラルドの枝には、花と一緒に幼果も散見されるようになりました。

038_convert_20120315063212.jpg





栽培記録 | 06:27:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
垣根のブルーベリー
6年ぐらい前に植えた垣根のブルーベリーです。

007_convert_20120314065257.jpg


当初ここには、ブルーベリー畑に植える品種を選択するため、30品種程度植えていました。
よさそうな品種が大体わかってきましたので今では、台木用のホームベルなどに植えかえています。

008_convert_20120314065328.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




栽培記録 | 06:38:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハクビシンの仕業か???
3年前から井戸水→ポンプ→タイマー→液肥混入器を用いて各ポットに液肥を注入するポット栽培をはじめています。

008_convert_20120313034908.jpg

007_convert_20120313035031.jpg

013_convert_20120313035206.jpg

ところが、ポリパイブから分岐した接続チューブ(内径3.5㎜)が何者かに切断されていました。
昨年の冬場にも同様の被害がありました。

011_convert_20120313035237.jpg

原因ついては、近所の人によるとハクビシン???ではないかということでした。
しかし、露地ポットの液肥注入期間は3月中旬~11月にかけて行いますが、この時には被害はありません。





栽培記録 | 03:58:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
施肥と草取り
地植栽培のブルーベリーに魚粉肥料(成分6-5-5)を施肥しました。

 005_convert_20120312050339.jpg

1株当たりの施肥量は樹の大きさにより加減し、150~250g程度としました。
ある文献では、1回あたりの施肥量は植付後年数6年のブルーベリーに対し70~105gと書いていますので、2倍程度多く施肥したことになります。

 006_convert_20120312050217.jpg

 005_convert_20120312050251.jpg

今回の春肥は、1株当たり
 ■米ぬか・・・植付後3年~6年生、約100本を対象に1~2㎏
 ■魚 粉・・・植付後3年~6年生、約500本を対象に160~250g
を施肥しています。
両者に・・違いがあるか・・・ないか・・・今年1年かけて観察してみます。

畑には、ホトケクサやハコベなどの冬草が生えています。 。

 004_convert_20120312061828.jpg

草を取ると大分きれいになりました

 005_convert_20120312062051.jpg








栽培記録 | 05:15:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハウスの野菜たち
自宅の裏にある10坪程度のミニハウスですが、家内のお城となっています。

051_convert_20120310090153.jpg

暖かいハウスの中では、家内が愛情をこめて育てているいろいろな野菜たちがすくすくと育っています。

■ ベビーリーフ
028_convert_20120311045516.jpg

■ セロリ
030_convert_20120310090519.jpg

■ サニーレタス
032_convert_20120310090606.jpg

■ マザーグリーン
033_convert_20120310090734.jpg

■ マザーレッド
036_convert_20120310090953.jpg

■ ルッコラ、可憐な花が咲いていますが、花も食べることができます
024_convert_20120310090815.jpg

ルッコラの芽が出てきました。

026_convert_20120311052157.jpg

また、今日は、露地で栽培しているプチベールや芽キャベツも出荷しました。

021_convert_20120311081958.jpg




野菜 | 09:16:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブラックベリー
大関ナーセリーから送ってきたブラックベリー「ウォシュタ」です。
収穫時期がブルーベリーと重なるので迷いましたが、結局購入しました。

011_convert_20120309112851.jpg



栽培方法を、地植えとするか、液肥によるポット栽培とするかこれまた迷っていますが、とりあえず10号菊鉢にポット上げしました。用土は、ピートモスともみ殻の混合用土としました。

013_convert_20120310084747.jpg


014_convert_20120310084621.jpg


ブラックベリー | 10:01:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
プチベールの収穫
プチベールが収穫期になってきました。 茎の部分にたくさんついています。
     
      018_convert_20120309061948.jpg

花弁のような形にひかれ、栽培を始めした。今年で4年目となります。
地産地消の店「あるね屋」や「どんぶり館」にも出荷しています。
この田舎でもやっと知名度も上がり、いまでは結婚式場からの注文もあります。

      004_convert_20120309062038.jpg

我が家の利用方法

 ■ 1分間ゆでて フライパンにバターを入れ炒め、塩、胡椒して付け合わせに・・・。
 ■ そのままカレー、シチュー、鍋物に・・・。
 ■ 手でバラバラにして、チャーハン、みそ汁、スープなどに・・・。

冬時の野菜不足に重宝しています。




プチベール | 06:31:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
古葉とり
ハウス内のブルーベリーは落葉せずに越年した古葉がたくさん残っています。 
その中にはたまに葉巻虫の幼虫が隠れています。

      hamakimushi.jpg

葉巻虫の被害が出ると大変なので、今日も「赤みを帯びた古葉」一枚一枚を取り除く作業を行っています。
気が長くなるような作業ですが、家内が担当しています。

      013_convert_20120308064302.jpg

      015_convert_20120308064409.jpg

今日も、ミツバチがエメラルドの花の蜜を吸っていました。

      010.jpg







栽培記録 | 06:56:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミツバチ
先日、養蜂農家からお借りした花粉交配用ミツバチ巣箱を畑の隅に設置していますが、今日は暖かいせいかミツバチが巣から出ています。


      005_convert_20120304034914.jpg

      007_convert_20120304035243.jpg

ハウス内では、エメラルドがだいぶ咲き始めています。 探し回って蜜を吸っているミツバチを撮影できました。

      015_convert_20120305060159.jpg


      013_convert_20120305054033.jpg


栽培記録 | 05:44:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
カシス
カシス 「ツェマ」 の花芽が少し膨らんで来ました。
この品種は、ニッポン緑産のカタログに・・・樹勢が強く、豊産性、熟した果実は美味で、生食にも向く・・・と書いていましたので購入しました。

      008_convert_20120304040144.jpg

      009_convert_20120304040215.jpg

2年前の2010年3月に植え付けた時の「ツェマ」様子です。 現在は、これに比べるとずいぶん成長しています。

      006_convert_20120304045549.jpg


カシス | 04:44:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
米ぬか
近所のお米屋さんから米ぬかを購入し施肥しました。
スター列とデューク列の施肥後の様子です。白く写っているのが米ぬかです。
            
             007_convert_20120301040104.jpg

手前がレガシー、奥側がプルとレカ

             008_convert_20120301041419.jpg


ラピットアイのブライトウェル、オクラッカニー

             009_convert_20120301041536.jpg

その他、パウダーブルーとティフブルーも1列ずつ米ぬかを施肥しています。


また、肥料が何㎏まで大丈夫か確認するため、西畑の一番奥のブライトウェルに米ぬかを3㎏施肥してみました。このブルーベリーが・・・「旺盛な生育」を示すか・・・それとも「肥料やけ」を起こすか・・・注目してみます。

             010_convert_20120301051530.jpg

今回米ぬかを施肥したのは一部の品種ごとに1列ずつですが、それ以外のブルーベリーには魚粉を施肥する予定です。
今年1年かけて両者を比較してみます。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








栽培記録 | 04:24:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。