■プロフィール

岩佐農園(がんじい)

Author:岩佐農園(がんじい)
愛媛県西予市の宇和盆地に移住し田舎暮らしをはじめました。
ブルーベリーに魅せられ、気が付いたら農地を購入しブルーベリー農家になっていました。
ほかに野菜やイチジクなども栽培しています。
ブルーベリーの品種特性や栽培方法などのいろいろな意見交換をしたいと思いますのでよろしくお願いします。


岩佐ブルーベリー農園のホームページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新梢
ハウスは花の季節から新緑の季節になりつつあります。

010_convert_20140329184922.jpg


今日は、ハウスので栽培している品種の新梢を撮ってみました。

■ エメラルド・・・最もよくでています
003_convert_20140329184600.jpg

008_convert_20140329184855.jpg

■ スター・・・2番目
005_convert_20140329184717.jpg

006_convert_20140329184742.jpg

■ ニューハノーバー
004_convert_20140329184656.jpg

007_convert_20140329184829.jpg

花は、エメラルド、スター、ニューハノーバー順に咲きましたが、新梢の出方も同じ順番でした。
しかし、スターの収穫がエメラルドより早く、花や新梢の時期と収穫開始時期は比例しないようです。

また、今年は、多量の細かい樹皮でポット表面をマルチしました。
そのせいか昨年より、新梢の伸びが良く、さらに花も大き目のような気がします。
大きな実をつけてくれることを期待しています。

スポンサーサイト
ポット栽培 | 06:55:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
花がらと幼果
ハウスでは、ミツバチが活発に動き回り、受粉が進んでいます。
ニューハノーバーポットの周りには、花がらが自然落下しています。

004_convert_20140327080910.jpg

しかし、スターは余り落ちていません。

007_convert_20140327081023.jpg

自然落下しない原因は、スターの花がらは余り自然落下せずに、幼果の上で茶色くなっているためです。

009_convert_20140327081049.jpg

これをそのままにしておくとカビが発生しやすいので、家内が手で茶色くなった花がらを取り除いています。
スターの栽培は、花がらを取りのぞく作業が必要となり、欠点の一つです。
しかし、実は、味、大きさ、硬さの3拍子揃っているので、手間はかかりますが、早生の主力品種としています。

次は、幼果です

■ スター・・・成長スピードが最も早く一番大きくなっています
014_convert_20140327081132.jpg

■ エメラルド・・・花が咲くのは最も早いが、幼果はまだこんな感じです
021_convert_20140327081205.jpg

■ ニーハノーバー・・・3品種の中では最も遅いようです。 何時頃収穫できるか注目しています。
026_convert_20140327081528.jpg


露地のポット栽培もすべて液肥注入を開始するため、それに先立ち液肥注入ラインに通水し、ライン洗浄を行いました。

034_convert_20140327081617.jpg


栽培記録 | 08:59:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
樹形とイラガ
剪定も残すところオクラッカニーとフクベリーだけになりました。
まず、オクラッカニーの剪定前の樹形です。

003_convert_20140325052356.jpg

008_convert_20140325052430.jpg

この品種は、枝先が良く分かれていますので、樹形を整えやすく感じます。

次はフクベリーです。

005_convert_20140325052824.jpg

007_convert_20140325052856.jpg

細い枝が多く、下に垂れさがっていますので樹形作りに手間がかかります。

毎年樹大きくなり剪定もやっと終わりが近付きましたが、樹の特徴も少しは見えてきました。
また、剪定も先月からやっていますが、結構時間がかかりますね・・・


剪定の際、イラガの卵を見つけ処分しました。

059_convert_20140325052505.jpg

061_convert_20140325052551.jpg

話は変わりますが、こちらでは、1~3月は寒くて越冬していないと思っていたカメムシの越冬が多く、先日県内全域にカメムシ注意報が出されています。
今後、対応が必要になりそうです。


最近、毎日、霜注意報が出ています。

004_convert_20140325052748.jpg

003_convert_20140325052720.jpg

また、AM7時30分の霧・・・お日様が霧で朧月のように見えます

001_convert_20140325052647.jpg



栽培記録 | 08:11:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
施肥と霜害
肥料屋さんで魚粉を積み込み、早速、ブルーベリー畑に施肥しました。

002_convert_20140321182245.jpg

023_convert_20140321182330.jpg

データ的には、1樹あたり4~7握り、平均約500g施肥でした。(魚粉の窒素は6%なので、窒素換算量は30g)


露地のエメラルドですが、霜害で花芽が赤く枯れています。

016_convert_20140321182451.jpg


先月、仮剪定したエメラルドです。

018_convert_20140321182517.jpg

霜害で花芽がやられるのを予想し、枝や花芽を多く残した剪定としていますので、収穫量には影響しないとしないと思います。
霜の季節が終わる来月中旬以降に、最終的な再剪定と摘果を予定しています。


ハウスを見回っていると今日はなぜかニューハノーバーにたくさんのミツバチいました。
以前、蜂屋さんが、ミツバチは花が咲くだけでなく蜜がでるようになると集まると言っていたのを思い出しました・・・

005_convert_20140321182137.jpg

010_convert_20140321182212.jpg


栽培記録 | 08:15:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
花・ハチ・幼果
ハウスでは南部ハイブッシュが花盛りです。

■ スター
058_convert_20140320071634.jpg

■ エメラルド
056_convert_20140320033500.jpg


■ ニューハノーバー
054_convert_20140320033221.jpg

以前は、この3品種以外にサファイアとミレニアも栽培していましたが、がんじい畑との相性が悪く栽培をやめました。
かわりに昨年スージーブルーを買いましたが、果たしてお気に入り品種の仲間に入ってくれるでしょうか???

気温も上がり西洋ミツバチが、頭をエメラルドの花の中突っ込み盛んに蜜を吸っています。

037_convert_20140320032945.jpg

038_convert_20140320032849.jpg


受粉が終わり、幼果も散見されるようになりました。

■ スター
049_convert_20140320035759.jpg


■ エメラルド
029_convert_20140320032725.jpg

■ ニューハノーバー
026_convert_20140320032544.jpg

また、受粉後のスターの花がらとりを行いました。

047_convert_20140320033037.jpg

以前この作業は、家内にまかせっきりでしたが、今年は一緒に行いました。
ニューハノーバーやエメラルドの花がらは、手でトントンとたたくと簡単に落ちます。
しかし、スターの花がらは落ちにくく、手がニチャニチャします。
蜜がたくさんあるのが原因だと思いますが、・・・スターの甘さ・・・の秘密がここにあるのではないかとふと思いました・・・

ポット栽培 | 07:18:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
ティフブルー剪定
剪定前のティフブルーです。

005_convert_20140314180609.jpg


剪定後

011_convert_20140314180644.jpg


昨年のラビットアイは、強剪定としたためか、実は大きくなりましたが、収穫量はやや少なめの2㎏余り/本でした。

(昨年7月4日に初収穫したブライトウェルの果実)
005_convert_20130703205548[1]_convert_20140315050903

なお、昨年は猛暑のせいかティブルーとノビリスの製品率が悪く、これが収穫量が少なかったことにつながったのかも知れません。

ラビットアイは、今年で植付け5年目、6年目および8年目の畑に植えています。
今年は実の大きさを確保しつつ3㎏前後は収穫したいと思い、昨年より枝を多く残すような気持で剪定しました。
はたして結果はどうなるでしょう???


また、剪定した枝も大分たまってきました。

001_convert_20140314180713.jpg


次は、サッカーです。

009_convert_20140314180844.jpg

上の写真は、剪定の際に引き抜いたティフブルーのサッカーです。
この樹は、特にサッカーが多かったです。
サッカーに養分をとられるためか地上部は小ぶりな樹となっています。
早めにサッカーを取り除く方が樹は大きく成長し、その分収穫量も多くなるように思いました。
なお最近、ブライトウェルとティフブルーを剪定しましたが、サッカーは、ティフブルーが多いような気がします。

未分類 | 09:35:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハウスの様子
昨日の様子です。

■ スター・・・5分咲き

005_convert_20140309074820.jpg

■ ニューハノーバー・・・4分咲き、下側の枝から花が咲く癖があるようです

006_convert_20140309074904.jpg

007_convert_20140309074958.jpg


■ エメラルド・・・9分咲き

010_convert_20140309075026.jpg

011_convert_20140309075049.jpg

012_convert_20140309075119.jpg


ここしばらく寒い日が続き、西洋ミツバチの動きが鈍いようです。


しかし、だんだん春が近付いているせいか、スターの新葉もでてきました。

021_convert_20140309075153.jpg


ポット栽培 | 08:14:02 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。